[環境報告書の企画制作]
 
必要性と意義
 
 
地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊…。

いま地球環境問題は、世界注視の最重要課題であり、企業の取組みも急速な広がりを見せています。
ゼロ・エミッション工場、ISO14001の取得、グリーン購入ネットワークの構築等を通じ、“循環型社会”や“持続可能な社会”づくりへの対応が求められている中、「環境報告書」のメッセージによって、ステークホルダーの共感を獲得できるか否かは、企業の存続問題にも影響を与えかねません。

「環境報告書」の必要性と意義

◎企業イメージや商品の購買への影響
環境に配慮したライフスタイルや商品を積極的に選択し、消費を通じて社会とコミットするグリーンコンシューマーも増加の一途をたどっています。企業は、環境への取組みを消費者へ“情報開示”することで、企業姿勢や商品への共感を呼び、購買への動機づけを期待できます。また、学生への好感度を育み、人材確保に寄与します。

◎ステークホルダーへのアピール
現代において、企業が環境汚染の源となることは致命的です。株主や金融機関、投資家、政府、NGO、海外の関係者など、多彩なステークホルダーへ、リスクマネジメントの観点から正確な環境情報を提供することは、企業に課せられた責務ともいえます。

◎環境への社内意識のインセンティブ化
これから企業がめざすのは、環境対策に取組むほどムダがなくなり、コスト面でも効果が出るシステムづくりです。対外的な環境情報の積極的な発信にともない、社内へのインセンティブ効果が期待でき、省エネ・省資源・環境負荷の少ない資材等への社員の関心、意識の高まりが期待できます。
 
環境報告書作成支援
  必要性と意義
  報告書づくりをサポート
  制作フローチャート
Copyright (C) 2005 Media Communication Inc. All Rights Reserved.