[環境報告書の企画制作]
 
用紙から印刷まで、一環して環境に配慮した
「環境報告書」づくりを。
 
メディア・コミュニケ−ションでは、徹底して環境問題を意識した「環境報告書」づくりをご提案しています。用紙は、再生紙や非木材紙、無塩素漂白紙などの環境配慮型紙を。インキも環境配慮型インキと呼ばれるアロマフリーインキなどを使用。またフィルムや版がいらないデジタルによる校正・刷版法をいち早く導入。さらに、用紙再生の障害にならない製本法の採用など、全工程で一環して環境対応を推進しています。
「環境報告書」企画制作フローチャート(モデルケース)
●準備段階
オリエンテーション (1週間)
企画 (15〜20日)
編集/コピー/デザイン作成 (30〜45日)
印刷 (30日)
●御社の作業 ●当社の作業
■各部署からの資料収集 -
■資料分析整理 -
■編集方針の策定 -
■企画のためのオリエンテーション
◎基本テーマ
◎ターゲット
◎ページ数
◎発行日
-
■メディア・コミュニケ−ション案の社内検討 ←ページ建てご提案、スケジュール建てご提案
■メディア・コミュニケ−ション案の確定(変更) ←主だったページのデザインラフ(ダミーコピー)作成
■草稿作成 -
■追加資料の収集 -
■カンプ案社内検討 ←確定されたページ数で、カンプ作成
■追加草稿・資料の作成/提出 -
■内容/表現検討チェック ←社内検討に基づいたカンプ案の修正
■追加原稿・資料の提出 -
■最終原稿チェック/全内容確定 ←編集
■文章/印刷色のチェック ←色校正紙出し
■文章/印刷色の最終チェック(校了) ←色・文章の最終修正
- ←印刷/製本/納品
※このフローチャートは、お客様にておおまかな原稿と頁構成を用意されている場合のモデルです。
 
環境報告書作成支援
  必要性と意義
  報告書づくりをサポート
  制作フローチャート
Copyright (C) 2005 Media Communication Inc. All Rights Reserved.