その理由を、
メディア・コミュニケーションはこう分析しました 。
広告製作者が、商品(企業)のことを、よく理解していない、惚れていない。
ユーザーの、一番知りたいことが分かっていない。
売れてこそ広告、という基本が分かっていない。
お客さまに必要な広告ではなく、スポンサーが気に入る広告を作っている。
まさか!ほんとに?と思われるかもしれませんが、これが実態です。
 
ところで、いま、売れてます?
売れないとしたら、問題はその
広告です。
  なぜ売れない?それは、
ダメな広告に原因がある。
  パワーのある広告とは?
モノを売る広告作りしとは。
  メディア・コミュニケーションに
できること、できないこと。
  実績!
売った広告、企業を伸ばした
広告がここにある。
Copyright (C) 2005 Media Communication Inc. All Rights Reserved.