Advertising
広告活動のサポート
 
商品を売ってこそ広告、企業を伸ばしてこそ広告、
という基本スタンスをつねに忘れません。
 
企業には、「ポリシー」「商品」「技術力」等があります。企業としては、それらをまず、知ってもらわなければなりません。どこがどう他より優れているか、伝えなければなりません。結果として、指名買いしてもらう、安心してもらう、信頼してもらう、といった目的をかなえなければなりません。
その目的達成の手段として広告はあります。訴求する対象に、いつ、どんな媒体(新聞やテレビなど)を使って、どんな表現でアピールすればもっとも効果的か。メディア・コミュニケ−ションは、無数ともいえるその選択肢の中から、たった一つのベストをご提案できる努力を重ねています。経験だけではなく、情報量と理論武装と時代への感性、そしてクリエーティビティの研鑽によって
 
■広告には大きく分けて3タイプあります。  
 
 
1.目的は、企業の経営哲学や事業方針、研究開発力、技術力、さらには社会への貢献活動などを、広く社会(ユーザー、ディーラー、投資家、地域住民、学生、行政等)に知らせ、愛される企業イメージづくりや、知名度のアップに結びつけます。
“A”という人間が、はっきり“B”という個性と違うように、私たち「メディア・コミュニケ−ション」は、一つ一つ「顔」があり主張があり、魅力ある情報のある企業広告をめざしています。

次に「ブランド広告」

2.ブランドロイヤリティを向上させるための広告です。時代性、オリジナル性、クオリティ、時にはその商品をデザインする作家などを前面に立てて、チャンネルや取引先を中心にアピールします。

そして、「商品広告」です。

3.文字通り商品を販売に結びつける広告です。イメージ商品や新商品、既成の商品のテコ入れ、キャンペーン商品…あくまでも商品に即して、それらの性能、品質、効用、デザイン、コストなどを徹底取材し、モノが動く広告づくりを企画作成します。
 
     
■広告の「なかだち」として使うのが「媒体」。
 
私たちは、アピールする内容や対象に合わせ、最適の媒体を選択してベストの効果を狙います。
 
1.新聞の特性
○広告内容をじっくり読んでもらえる。
○速報性に優れている。
主な用途=キャンペーン告知、新製品告知、企業広告、イベント告知
 
2.雑誌の特性
○読者層がはっきり分かるため、ユーザーにピッタリの雑誌が選べる。
○テーマがはっきりした編集内容のため、商品にあった広告表現がとれる。
主な用途=キャンペーン告知、新製品告知、企業広告、イベント告知
 

3.交通広告の特性
○電車内やバス、駅構内など、空間が特定されているため、見られる可能性が高く、また露出時間も長い。
主な用途=キャンペーン告知、新製品告知、イベント告知

4.テレビ・ラジオの特性
○非常に速報性が高い。
○特にFMなど、訴求対象、訴求内容を絞りやすい。
主な用途=キャンペーン告知、イベント告知、新製品告知

 
     
5.インターネット
○ホームページを見るユーザーが、非常に絞り込まれている。
○ユーザーデータを収集できる。
○情報量が多い。
主な用途=新製品情報、カタログ情報、企業広告
 
企業広報活動のサポート
Public Relations
  販売促進活動のサポート
Sales Promotion
  パプリシティ活動のサポート
Publicty
  広告活動のサポート
Advertising
  マルチメディア活動のサポート
Multimedia
  ◎一般紙広告
 
  ◎業界紙新聞広告
 
  ◎専門誌雑誌広告
 
  ◎業界紙広告
 
Copyright (C) 2005 Media Communication Inc. All Rights Reserved.