[高齢者に優しい印刷メディア]
 
実践1…
高齢化に対応した
企業だけが生き残れる!
 
21世紀は、4人に1人が65歳以上になる“超・高齢化社会”を迎えます。各企業では、261兆円(2010年)ともいわれるこのシルバー市場の既得権をめぐって、既にマーケティング活動や商品開発などし烈な戦いが始まっています。

私共企画印刷会社としても、高齢化に対応した適切な企画・制作・印刷を打ち出さない限りこの巨大市場への進出に勝利することはできません。

例えば、アナログ世代である高齢者にとって最もなじみの深い印刷媒体、すなわち新聞広告やカタログ、チラシなどを、身体機能が衰え様々な障害が発生する高齢者の視点に立って作成できるという優位性は、高齢者にモノを売り、サービスを提供するクライアントにとって印刷会社を選択する際の大きなポイントとなってきます。

高齢者にとってより見やすく、読みやすい印刷物を提供できる企画印刷会社。このセールスポイントを強くアピールすることによって、私たちは印刷ツールの受注の促進を図ります。
 
 
高齢化社会の背景
介護
医療
実践
コンセプト
  実践1…
高齢化に対応した
企業だけが生き残れる!
  実践2…
高齢者にとって、
同系色の色の違いは分かり
にくい。
  実践3…
高齢者が見やすい、読みやすい
活字のサイズと書体は…?
  実践4…
高齢者は
高齢者と呼ばれることを嫌う。
  実践5…
紙の質や加工の方法までも
配慮を行き届かせる。
Copyright (C) 2005 Media Communication Inc. All Rights Reserved.